美肌コラム

アルブチンは合わないと赤くなる?効果的に使って美白しよう!

エイジング美容アドバイザーの美香です。

美白系の化粧品をチェックしているときに「アルブチン」という成分がよく出てきませんか?

美白に良いのはわかるけど、具体的にどんな面でいいのかわかりにくいですよね。

そこで今回は、美白成分のアルブチンを徹底解説します!

  • どんな美白効果があるのか?
  • 効果を引き出すにはどんな使い方がおススメ?

シミそばかすを作らせない肌体制を作るのにぴったりなアルブチンを詳しく見ていきましょう♪

アルブチンとは?

 

年齢とともに肌の悩みって増えていくものですよね。

私も10代の頃はそばかすに悩み、次に毛穴、それからくすみやシミ、最近はシワなんかも…。

特シミは顔にできてしまうと、目立ってしまうので「何とかして消したい!」と思いますよね。

美容皮膚科に行ってレーザーで焼くのが手っ取り早いとは思いますが、

「まだそこまでじゃないんだよね…」

という思いもあって、化粧品でのケアから始める方が多いのではないでしょうか。

市販されている美白に特化した化粧品を使うことにより肌をトラブルを解消することはできます。

市販の美容クリームにはハイドロキノンやビタミンCなどの美白に有効な成分がありますが、その中でも注目されているのがアルブチンです。

どんな成分なの?

アルブチンは厚生労働省が美白効果を認めた成分です。

実際に美白効果がある!ということですね。
コケモモ

アルブチン(arbutin)は、コケモモどから見つかった成分で、他にはクランベリーや梨、マッシュルームなどにも含まれています。

化粧品に配合されているものは、ほとんどが化学合成されたものです。

どんな効果があるの?

アルブチンの最大の効果はシミやそばかすを予防することろにあります。

どんな原理で予防しているかというと、メラニンの元になる「チロシナーゼ」の働きの邪魔をするというところにあります。

シミの元になるメラニンができるには、チロシナーゼという酵素が絶対に必要なんです。

逆にいうと、メラニンはこのチロシナーゼがなければできないんですよね。

アルブチンはそのチロシナーゼの働きを抑えて、シミそばかすを元から作らなくする作用があるんです。

つまり、これからできる未来のシミ予防には効果てき面ということですね。

もともとは資生堂が開発した成分なのですが、特許期間が終わったため色々なメーカの美白化粧品に使われるようになってきました。

 

アルブチンとハイドロキノンの関係性

ハイドロキノン融合体」とも呼ばれているアルブチンですが、ハイドロキノンとは密接な関わりがあるんです。

どうしてかというと、化粧品などに使われている化学合成して作られるアルブチンのほとんどはハイドロキノンが元になっているからです。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」なんて呼ばれるくらい美白効果が高い成分。

その分、肌の刺激が強く、肌荒れや赤み、乾燥などの肌トラブルを起こしやすいんです。

また、ハイドロキノンは酸化しやすいというデメリットもあって、なかなか化粧品に配合しにくかったんですよね。

そういったデメリットを抑えて、ハイドロキノンを元に作られたのがアルブチンなんです。

肌への浸透性を高めた優しい使用感なので、使いやすい成分に改良されています。

低刺激なので、肌が弱めな方でも使えると評判です。

そして、アルブチンは肌に浸透すると、ハイドロキノンに変化して美白作用を発揮します。

だから「ハイドロキノン融合体」とも呼ばれているんですね。

アルブチンとハイドロキノンの違い
  • アルブチン 未来のシミそばかすの予防
  • ハイドロキノン すでにできているシミそばかすや色素沈着を薄くする

アルブチンは2種類ある

アルブチンにはαアルブチンβアルブチンの2種類があります。

実は、この2つかなり効果に違いがあるんです。

詳しく見ていきましょう。

αアルブチン

αアルブチンは江崎グリコが開発した成分です。

βアルブチンよりも新しいものです。

アルファベット順じゃないんですね~

実は、αアルブチンはβアルブチンの10倍以上の美白効果があるんです!

特徴は肌なじみが良くてべたつきにくいところ。

最近ではαアルブチンを使用した化粧品が多くなっていますが、βを使っている化粧品もあるので、チョイスを間違わないようにしたいですよね。

化粧品の裏面にある成分表示には”αアルブチン“と表示されているので、確認してから購入するといいですね。

βアルブチン

βアルブチンは資生堂が開発した成分です。

安価なのでプチプラコスメに使われている場合が多いですね。

ドラッグストアコスメはほとんどがβアルブチンです。

成分表にはだた”アルブチン”とだけ表示されていることがほとんどです。

 

アルブチンに副作用ってあるの?

効果のある成分って、何かしらの副作用がつきものですよね。

アルブチンには重い副作用の報告はほとんどないそうです。

白斑やアレルギーといったトラブルが起きにくい緩やかで刺激性の低い成分なので、敏感肌でも使えるのですよね。

体質的に合わないと赤くなったり乾燥する

ただ、誰にでも合う成分ってほとんどありません。

体質によって合わない場合だと、赤くなったり乾燥かゆみなどの肌トラブルが起きることがあるそうです。

化粧品ってたくさんの化学物質の複合体で、どの成分が肌に影響しているのかわかりにくいですよね。

そのため、トラブルの原因が絶対にアルブチンが原因とも言い切れず難しいところです。

どんな化粧品でも肌トラブルが起きたときは使用をすぐにやめくださいね。

アルブチンが効かない?!

アルブチン配合の化粧品を使っているのになかなか効果がでないという声もたくさんあります。

アルブチン配合の化粧品はすぐに美白効果が出るわけではないんですよね。

刺激の少ない穏やかな成分ですので、効果が表れるまで時間がかかります。

逆に即効性があると、副作用も起きやすくなります。

なにより、アルブチンの最大の特徴はシミを作らせないこと。

未来にできるシミ対策はできますが、今あるシミへの効果は薄いです。

アルブチンは肌に吸収された後にハイドロキノンになるので、シミを薄くする効果もあるのですが、シミを薄くするにはターンオーバーを待たなければいけません。

ターンオーバーが活発な若いうちは、メラニン色素がいつまでも残ることはなく時間の経過とともに徐々に白くなっていきますよね。

年齢とともにターンオーバーが遅くなったり、うまくいかなくなってきます。

ターンオーバーがうまくいかなくなるとメラニン色素がそのまま居座り、一部が皮膚の奥の方に入ってきます。

最初のうちは大して気にならないですが、だんだんメラニン色素の割合が増えていきそれが茶色くなるというわけです。

これがいわゆるシミといわれるものです。

要するに、時間をかけながら少しずつ変色したシミをもとに戻すにはやはり時間がかかるというわけです。

化粧品を使ったからといってすぐにキレイに元通りになるわけではないんですよね。

ただ、効果は口コミや評判などを見ればわかるとおり、人によって違いが出てきます。

白くなるタイミングが違ったり、合う合わないというのは、使う人の体質によるんですよね。

シミをできない体制を作り、今あるシミを薄くしたいなら、アルブチン配合の化粧品を使い続けることがポイントですね。

それに、シミができてしまったら、即効でケアすることも大事です。

時間がたてばたつほど、メラニン色素が凝縮して消えなくなります。

そうするとレーザーぐらいしか対応できないので、早めの対策がシミを消す一番の秘訣ですよ。

アルブチンの効果的な使い方

紫外線の浴びる前に使う

メラニンの原因になるチロシナーゼは紫外線にあたるとすぐに活性化し始めるそうです。

するとすぐにメラノサイトも活性化し、メラニンが作り出されてしまいます。

そうなる前にアルブチンを肌に届けておきましょう。

朝のお手入れにアルブチン配合の化粧品でお手入れすると効果的です。

紫外線に当たる前にアルブチンを肌に行きわたらせることで、チロシナーゼの働きを抑え、メラニン生成を元から断つことができるというわけです。

日焼けした後に使う

レジャーやスポーツ観戦などをすると、日焼け止めを塗っていても、焼けてしまうことってありますよね。

アルブチンは日焼けへの集中ケアとしても効果的です。

日焼けしてしまったときから3日間連続でアルブチンでケアしてくっださい。

なぜこれが効果的かというと…

日焼けすると、メラニンの元になるチロシナーゼが活性化しています。

そんな状態のお肌にアルブチンを取り入れることで、チロシナーゼの働きを抑えるという原理です。

メラニンが作られる前に、元からブロックしていまえ!というわけですね。

これは、うっかり焼けなんかにも使えるテクニック。

紫外線が強くなる春先から夏にかけては、アルブチン配合の化粧水を手元に置いておくと、便利に活用することができそうですね。

まとめ

アルブチンは厚生労働省が認可した、美白効果のある成分。

特に効果がるのが未来のシミそばかすを防ぐということです。

刺激も少なく穏やかな成分なので、敏感派でもトライすることができます。

ぜひ毎日のケアに取り入れてシミやくすみのない肌を作ってくださいね。

 

美香が「これは良い!」と感じたおススメアイテムの一覧もぜひチェックしてくださいね。

\おススメ一覧はこちらから/

 

おすすめアイテム一覧

 

 

無料相談受付中♪

このブログではお肌のお悩みの無料相談を受け付けています。

⇒美香に無料相談してみる

いろいろな商品を試してきた私が

これぞ!とおすすめする商品をこちらでご紹介いたします。

 

お気軽にどうぞ♪