美肌コラム

ボタニカルとは何?どんな意味があるの?今さら聞けない疑問を徹底解説!

エイジング美容アドバイザーの美香です。

「ボタニカル」って最近よく聞きますよね。

化粧品をはじめ、シャンプー、ファッション、雑貨などなど、さまざまなアイテムに使われています。

「ボタニカル」はここ数年で急速に認知度を上げた言葉ではないでしょうか。

ただ、急速に広まったからか本当の意味が分かりにくいんですよね。

私も漠然と「自然の感じ」「植物的な」みたいな意味としてとらえていなかったので詳しく調べてみました!

今回はちょっと辛口の解析ですよー

ボタニカルは何語なの?

ボタニカルは「植物の」「植物から採った」という英語の「botanical」が由来になっています。

英語なんですね!

ボタニカルのとはどんな意味なの?

日本でよく使われている「ボタニカル」は「植物の」「植物由来の」という意味で使われていることが多いですね。

植物的な何かなのはわかっていましたが、意味を知るとさらに理解度が深まりました。

自然の草花のモチーフを指すことが多くて、インテリア用品やファッションなどでは、自然味のある草花がプリントされているものをボタニカルと呼んでいますよね。

化粧品はというと、植物から抽出したエキスや成分が使われていることが多いです。

ボタニカルシャンプーやボタニカル化粧品と聞くと、ナチュラルな感じがして、髪や肌に良さそうな気がしますよね。

植物は過酷な環境でもたくましく育つものも多く、そんな植物の秘めた力がアンチエイジングに効果的だったり、自然治癒力を高めるということもわかっています。

実はそこに名前からくるカラクリがあったりします。

ボタニカルはどうして人気になったの?

ボタニカルって、気が付いたときには流行っていたような感じがしますが、その人気は自然志向の高まりから来ていると指摘されています。

食品添加物がバシバシ入ったお菓子や食品は嫌われる傾向が強まっていますし、オーガニックフードや無農薬、減農薬の野菜の人気は高まっていますよね。

現在は科学技術が発達して、ケミカルのものであふれるようになりましたが、その弊害もかなりあったりします。

そうした反動から、「なるべく自然に近いものを取り入れたい」という意識を持つ人が増えてきました。

自然に優しく、体にも優しい…そんな感じでしょうか。

私自身も香料は苦手で、なるべくアロマ系の香りの化粧品が好みだったりします。

自然派よりもおしゃれな感じで、オーガニックよりも手軽な感じ…

とても印象の良い言葉として「ボタニカル」が流行しだしたんですね。

火付け役は某ボタニカルシャンプーでしたね

化粧品のボタニカルって何が入っているの?

植物の薬効成分はすごいものがあるんですよね。

古代から漢方や薬草として使われてきた歴史があります。

美容にも活用されてきました。

最近ではボタニカルシャンプー、ボタニカル化粧品のラインナップはかなり増えてきましたよね。

「植物由来のシャンプー」

「植物のパワーを取り入れた化粧品」

ということで、なんだか髪や肌に優しそうなイメージが湧いてきます。

実際にボタニカルと名前がついている化粧品にはどのような成分が入っているのでしょうか?

ボタニカルと謳われているアイテムに配合されている植物由来の成分は本当にさまざまです。

バラやゼラニウムなどの花のエキスをはじめ、松やクスノキなどの木から抽出したものサトウキビハーブ木の根などなど…

中には天然植物由来の成分が90%以上を占めるアイテムもあります。

反対に、植物エキスが1%でも入っていればボタニカルアイテムということができちゃうんです。

ひとくちにボタニカルといっても、内容はさまざまなので、どんな成分が入っているものなのか調べてから購入した方がよさそうですね。

ボタニカルとオーガニックの違いは何?

オーガニックは英語の「organic」から来ていて、その意味は「有機的

つまり、有機栽培された植物が由来の成分になります。

オーガニックに認定されるには厳しい基準をクリアしたものになるので、安心・安全が保障されているとも言えます。

日本の場合は「有機JAS認定機関」というところがオーガニックの認定をしています。

対してボタニカルには基準がありません。

どんな成分でも植物由来のものなら「ボタニカル」だと謳えるということになります。

やはり1%でも配合されていればボタニカルになれてしまうので、安心・安全を求めるならオーガニックを基準にした方が妥当かと思います。

ボタニカルとナチュラルの違いは?

ナチュラルはご存知の通り英語の「natural」から来ています。

意味は「自然」「天然

厳密にいうと、人の手が入っていない野生のものをさすので、オーガニックはナチュラルからは外れることになります。

というわけで、ボタニカルとはかなり近しい関係にある言葉なんですよね。

「自然派」「植物由来」はボタニカルとほぼ同じ意味と考えてよさそうです。

ボタニカルでも合わなかったりアレルギーが出たりするの?

ボタニカルと聞くと、なんだか優しい印象を受けますよね。

自然由来のものを使っているので、合わないこともあまりなさそうだし、アレルギーも出なさそう…。

そう思ってしまいがちですが…

植物由来の成分が配合されているからといって、化学物質が入っていないわけではないんです。

それ(植物由来の成分)とこれ(化学物質)は別なんですね…

ボタニカルと謳っているアイテムでも、植物由来の成分がほんの数%で、後は安価のアイテムと同じ成分が入っているものもあったりします。

それに、植物由来の成分が合わないこともありますよね。

植物にアレルギーがあったりすると、反応してしまうことも…

これはオーガニックにも言えることで、オーガニックだからといって誰にでも合うということはありません。

大豆やコメ、ハーブなどにアレルギー反応が出ることもありますし、絶対的に肌に優しいというわけじゃないんですよね。

ボタニカルときくと天然アロマを使っていそうな気もしますがそんなこともなく…

かなり香りがきつい商品もありますよね。

化粧品の香り問題は何度も失敗しています。

ボタニカルって謳ってる化粧品の判断材料はどこ?

ここまで、ボタニカルだからと言って、安全安心、無添加ではないことを解説してきました。

「じゃあどうやって化粧品を選べばいいの?」

と思いますよね。

やはり、商品の説明には目を通すことをおススメします。

成分表もチェックした方がいいですね。

〇〇エキスや植物の名前があると思いますが、それが植物由来の成分になります。

ボタニカルでも肌にあまり良くない成分を添加していることもあるので注意が必要です。

ボタニカルや植物由来という言葉のイメージだけでアイテムを選ぶのは気を付けてくださいね。

おススメアイテム発信中

美香が「これは良い!」と感じたおススメアイテムをご紹介しています。

ぜひチェックしてくださいね。

\おススメ一覧はこちらから/

おすすめアイテム一覧

 

 

無料相談受付中♪

このブログではお肌のお悩みの無料相談を受け付けています。

⇒美香に無料相談してみる

いろいろな商品を試してきた私が

これぞ!とおすすめする商品をこちらでご紹介いたします。

 

お気軽にどうぞ♪