エイジング美容アドバイザーの美香です。

ここ最近よく耳にする「シナモン
アンチエイジングされている方の中で注目度が高く、話題になっているんです。

なんでもシミが消えるとか、しわが薄くなるといった情報が!
これは美肌マニアとしてやるっきゃない!
ということで実際に試してみることにしました。

「シナモンはシミやしわにどんな効果があるの?」

「1日にどのくらい摂ればいいの?」

「シナモンは何と一緒に摂るのがいいの?」

といった疑問を解消して、シナモンで美肌に近づきましょう♪

シナモンの何がシミやしわにいいの?

独特の甘い香りとかすかな辛みを持つシナモン。

カプチーノなどのコーヒー類との相性も良く、とてもポピュラーな香辛料ですよね。

そのシナモンですが、古くから活躍していた高級スパイスでした。

古代エジプトではミイラ作りに使われたり、中国では桂皮という漢方として長い間使用されています。

古くから重用されていたと聞くと、何かスゴイ秘密がありそう!と気になってきますね。

point2

実は、シナモンには毛細血管を強化してくれる働きがあるんです。

「何でシナモンとシミしわと毛細血管がつながるの?」
と疑問に思いますよね。

mika point

毛細血管は、シミやしわと密接なかかわりがあるんです。

しみシワと毛細血管とシナモン、3つの関係性

シミしわの主な原因は紫外線などの外的な要素が大きいとされていますが、
内側からの要素も結構あるんです。

その一つが「毛細血管の老化現象」です。

体の隅々にまで張り巡らされえいる毛細血管。髪の毛よりも細い血管です。

血管は体で作られた栄養素や酸素を運び、老廃物を排出する働きを持つ重要な役割を持っていますよね。

mika point

血管年齢を若く保つことがアンチエイジングに欠かせないことでもあります。

血管年齢が老化がお肌の老化につながっている

毛細血管が老化すると、血管が細く短くなってしまいます。

この血管の老化がお肌に関係してきます。

実は、体の表面にある肌は毛細血管が張り巡らされているんです。

mikakomaru

つまり、毛細血管が老化すると、体で作られた栄養素や酸素がお肌まで行きわたらなくなってしまうということ。

さらに、毛細血管が老化すると線維芽細胞も減少してしまいます。

mika point

線維芽細胞はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などのお肌を構成する3大要素を生成する大切な働きを持っています。

その線維芽細胞が減少するということは、肌の弾力がなくなりしわに繋がるということ…。

そして、毛細血管が老化すると血管が炎症を起こしやすくなってしまいます。

毛細血管が炎症を起こしているところは、紫外線のダメージから肌を守るためにメラニン色素が頑張りだします。

つまり毛細血管の老化による血管の炎症でシミのもとを作ってしまっているのです。

それに加えて、老化した毛細血管は老廃物の排出もスムーズにできにくくなります。

肌のターンオーバーが崩れてしまい、メラニン色素がそのまま残ってしまうことにも…。

mikakomaru

毛細血管の老化はがシミやくすみの原因にもなっているんですね…

シナモンには毛細血管の修復効果がある!

毛細血管の老化がシミやくすみの原因になっていることがわかりましたが、逆に考えると、毛細血管が修復されれば、シミしわが防げるということになりますよね。

毛細血管を修復するのはTie2(タイツー)と呼ばれる物質なのですが、
シナモンは、このTie2を活性化させるアンジオポエチンに似た働きをもっているんです。

mika point

Tie2とは…
毛細血管を作る2つの細胞の壁細胞と内皮細胞をしっかり結びつける接着剤のような物質です

シナモンを摂取して、毛細血管を修復すると、毛細血管がきちんと働きだし、酸素や栄養が届けられるようになります。

mikauresii

だんだんと肌細胞が活性化され、シミしわの改善が期待できる!ということです。

強い抗酸化力を持つシナモン

mikauresii

シナモンを摂取して、Tie2を活性化させ、毛細血管を修復させていくと、自然とお肌の調子も上がっていきます。

実は、シナモンの実力派それだけではないのです。

シナモンは強い抗酸化作用を持っているんです!

老化の原因の一つ活性酸素。

酸化、つまり、体をサビつかせる原因です。

活性酸素は紫外線やストレスなどが原因で体の中で増殖していきます。

mikakomaru

体にとって酸素は絶対に必要なものですが、多すぎると細胞にダメージを与えてしまうんです。

その活性酸素を排出してくれるのが、抗酸化作用を持つものということです。

抗酸化作用を持つ有名なものはビタミンCが有名ですよね。

シナモンにも強い抗酸化作用があるので、効果的に摂取することでシミしわの原因、活性酸素を排出することができるのですね。

お肌は特に毛細血管が張り巡らされているところでもあります。

その中でも眼の下は毛細血管が密集している部分でもあるので、

眼の下のクマや、シミ、たるみなどの効果が期待できますね♪

シナモンは1日にどのくらい摂取したらいいの?

 

効果的なシナモンの摂取量は0.6g~3gとされています。

ですから、ティースプーン1杯弱が目安になります。

スパイスの小瓶一振りで0.1gとされていますので、お茶などには3~4回振りかけてもOKですね。

シナモンの効果は、摂取後2~3時間で発揮されるとされています。

mika point

だたし、1回の摂取で効果は持続させることはできません。

数回に分けて摂取すると効果を持続することが期待できるので、お食事やお茶などでこまめに摂ることをおススメします。

私の場合は、はちみつを塗ったトーストにシナモンを振りかけて食べたり、コーヒーや紅茶、ルイボスティーに入れて摂っていますよ♪

point2

中でも一番のおススメがシナモン豆乳です!

超おススメ!手軽で飲みやすいシナモン豆乳

材料

  • 豆乳    200cc
  • シナモン  お好みで(0.5gぐらいが美味しいと思います)
  • オリゴ糖  お好みで

作り方はとても簡単。

豆乳をコップに注ぎ、シナモンとオリゴ糖を入れて混ぜるだけ。

豆乳は女性にとっていくつもメリットがある飲み物なのは有名ですよね。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、血管の若返り効果があり、女性ホルモンと似た働きをもっています。

mikauresii

血管細胞を増やし、体内のコラーゲン生成を活発にさせる働きもあるので、シミしわへの効果が期待できるんです♪

私は眠る前にシナモン豆乳を飲んでいます。

眠っている間は体の修復が行われる時間帯。シナモン豆乳をプラスしてさらに効果を上げよう!というわけです。

point2

シナモンと豆乳、ダブルパワーで血管年齢を若く保ち、シミしわのないみずみずしくハリのあるお肌を手に入れましょう!

シナモンで肝機能障害?!摂りすぎにはくれぐれも注意して!

どんなものでも過剰摂取は体によくないですよね。

体に必須な水でさえ過剰摂取すると水毒になってしまいます。

シナモンも同じように許容量があるものです。

甘くスパイシーなシナモン特有の香り。

この香りの正体がクマリンという成分です。

実はこのクマリン、過剰摂取し続けると、肝障害の原因となってしまうんです。

長期間にわたり、1日10g以上のシナモンを摂取すると肝機能に障害がでてしまうので注意が必要です。

point2

たくさん摂れば効く!というものではないので、容量を守って美味しくいただきましょう♪

まとめ

毛細血管の補修効果と高い抗酸化力を持つシナモンはお肌の味方ともいえるスパイス。

できてしまったシミしわにも、その予備軍にも効果的で、ぜひとも取り入れていただきたいです。

容量を守って、続けていくことでお肌に変化を感じることができるはずですよ!

私も飲み続けて、お肌の調子をレビューしていきますね♪

 

無料相談受付中♪

このブログではお肌のお悩みの無料相談を受け付けています。

⇒美香に無料相談してみる

 

いろいろな商品を試してきた私が

これぞ!とおすすめする商品をこちらでご紹介いたします。

 

お気軽にどうぞ♪