美肌コラム

インナードライってどんな肌質?イチゴ鼻の原因なの?乾燥肌との違いは何?

エイジング美容アドバイザーの美香です。

インナードライってよく耳にしますが、どんな肌質かつかみにくいですよね。

見た目だけでは乾燥肌に見えないので見極めも難しいんです。

「顔はベタベタしてて、いちご鼻で毛穴が目立つんだよね…」

なんていう方はインナードライの疑いがあります。

今回は、そんなインナードライについて詳しく見ていきます♪

乾燥肌の違いは何なのか?オイリー肌との違いは?いちご鼻になりやすいのか?

ケア方法はどうしたらいいか?どんな化粧品を使うのがいいか?

さっそく行ってみましょう~

インナードライと乾燥肌の違いは肌表面にある

ドライ・乾燥とつくだけあって、どちらも肌の内側が乾燥していることには変わりはありません。

この二つの大きな違いは、肌の表面がカサついているか、ベタついているかという部分になります。

乾燥肌

乾燥肌は、肌の表面がカサカサになっていたり、乾燥による小じわが目立ちます。

肌の外側も内側もカサカサなお肌なので、一発で乾燥してることがわかります。

インナードライ

直訳すると内側の乾燥となるインナードライ。

この肌質は、肌の表面は油分などでベタついているのに、肌の水分量が少ないことから弾力が衰えているような状態です。

水分不足でオイル過多の状態です。

正確には「乾燥性脂性肌」といいます。

見た目はオイリーなんだけど、実は内側はカッサカサな状態になっているんですね。

洗顔後すぐはカサカサしているんだけど、しばらくすると油分が出てきてギトギトになる方なんかはインナードライになります。

どうしてこんなことになってしまうかというと、肌は内側の角質層の水分が乾燥すると、「潤いがたりない!」と感じて皮脂を分泌し始めるんです。

そうすると、肌の内側が水分不足で乾燥しているのに、肌表面の皮脂が出すぎてベタベタのオイリー肌になってしまうというわけです。

インナードライの場合はオイリー肌との見極めも難しいんですよね。

オイリー肌だとずっと思っていたら、実はインナードライだった!

なんていう話もよく聞きます。

イチゴ鼻の原因はインナードライ?!

いちご鼻…いちごの種のようなブツブツが鼻の周りに詰まって見えるあのトラブルです。

あのブツブツは毛穴に詰まった角栓が酸化して黒ずんでいる状態。

いちご鼻の原因はいくつかありますが、皮脂が出すぎて毛穴が詰まってしまうことが一番とされています。

いちご鼻ができやすいのは皮脂が過剰に出てしまうオイリー肌の人が多いというイメージがありませんか?

皮脂の分泌が多いので毛穴が詰まりやすいオイリー肌はもちろんいちご鼻になりやすいです。

でも、インナードライの方も皮脂が分泌しやすくなってますよね。

つまり、いちご鼻になりやすい状態になっているというわけです。

顔が油っぽくってテカっていたりしたら、洗顔をしっかり目にしたり、あぶらとり紙で何度も顔を押しとったりしちゃいますよね。

脂性肌ならまだしも、これをインナードライの人がやってしまうと、さらなる乾燥を招くことになってしまいます。

インナードライ肌は乾燥すると過剰に皮脂を分泌させるので、このようなスキンケアをすればするほど悪循環にはまってしまうというわけです。

インナードライに過剰なスキンケアはご法度。やっちゃダメなんです。

インナードライになるのはなぜ?

健康的な肌の内側は水分が十分に保たれているんですが、インナードライや乾燥の症状がでている場合には、水分が蒸発しやすくなっています。

なぜ蒸発しやすくなってしまうかというと、肌表面のバリア機能が低下している可能性が高くなっているんですよね。

乾燥をすると肌は水分を守ろうとします。

少しでも肌の内側の水分を保持しようと皮脂を多く分泌させる…

そうなると肌の内側は乾燥気味なのに、肌がべたついている状態になってしまというわけです。

皮脂は肌の水分を閉じ込める働きがあるので、天然の保湿オイルともいわれていますよね。

バリア機能が低下する原因としては、洗浄力が強いクレンジング剤や洗顔料を使うことで、必要な皮脂まで落としてしまうことが挙げられます。

また洗顔やクレンジングだけではなく、脂取り紙をしょっちゅう使って皮脂をふき取っている場合も、肌の皮脂が不足して過剰に分泌することにつながります。

インナードライを改善するには何をすればいい?

インナードライの一番の改善方法は十分な保湿を心掛けることです。

肌の奥の水分が不足していることから、水分を与えて油分を閉じ込めるためのスキンケアを行うことが大切です。

やさしく皮脂を守りながら洗おう

表面のべたつきが気になるとどうしても洗ったり、あぶらとり紙を使いたくなってしまいますが、そこは我慢…!

顔を洗う回数を増やしてしまったり、洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を使ってしまうと余計に悪化することになります。

皮脂やセラミドが流れ出るのを最小限にするような優しい洗顔が大切です。

お風呂での洗顔も気を付けてくださいね。

お風呂と同じような温度(40度前後)のお湯はかなり油分を落とします。

皮脂をがしがし落としちゃいますので、できる限り30度から35度ほどのぬるめのお湯を使って洗うようにしましょう。

ズボラ的には結構面倒な部分ではありますが、この洗顔ひとつで肌質が改善するので正しい洗顔方法は要チェックです。
スキンケアの基本の「き」正しい洗顔方法で美肌作りしようエイジング美容アドバイザーの美香です。 毎日のケアで必ずする「洗顔」 毎日のことだけに、洗顔方法にミスがあると、汚れやダメー...

化粧水で保湿をしっかりして肌を潤そう

お肌の潤いを守っているのは、天然保湿因子のNMFやセラミドなどの細胞間脂質。

このような成分は洗顔などで流れ落ちてしまいますし、加齢とともに不足していきます。

細胞間脂質が不足すると肌は水分を守ろうと皮脂を過剰に分泌させていき、インナードライにつながってしまうんです。

インナードライを改善したいなら、このような成分が入った化粧水を使うとよいですね。

しっかりと保湿成分を補い、徹底することで皮脂の過剰分泌が抑えられていきますよ。

エイジングケア始めるなら保湿効果抜群のセラミド!エイジング美容アドバイザーの美香です。 エイジングケアは、アプローチする場所によって、さまざまなやり方がありますよね。 色々...

効果的な保湿方法

普段のケアで化粧水などを使って十分に保湿をしているつもりだけど、それでも乾燥やべたつきを感じることってありませんか?

そういう時はやり方が間違ってるか、肌バリアが弱まっているかです。

洗顔した後はそのまま放置せず、ずぐに化粧水で肌を整えるのが鉄則!

肌に押さえつけるようにつけていきます。

この時に2回から3回ほど重ねづけすると効果的。

選ぶ化粧水はプチプラでもいいのですが、なるべくアルコールフリーのものにしてください。

アルコールは肌の水分を巻き込んで蒸発する性質を持っていて、さらに皮脂膜まで壊してしまうんです。

こう保湿で自分のお肌に合った化粧水を選ぶようにしましょう

美容液をつけたらゲルで蓋をしよう

十分に化粧水を付けた後に、美容液をつけて水分に膜を作りましょう。

これにより肌の内側に潤いを保持することができます。

最後に保湿ゲル(ジェル)で整えましょう。

クリームは油分多めで、テクスチャーもしっかり目ですよね。

そのため、保湿が得意なんです。

対してゲル(ジェル)は水分量が多くゼリー状。ベタつきが少ないのが特徴的。

保水が得意なのでクリームよりもインナードライ肌にぴったりというわけです。

まとめ

肌の内側が乾燥してしまうと、肌トラブルを招きやすくなり、それが原因となってターンオーバーのサイクルが乱れてしまったりします。

ターンオーバーが乱れると古い角質がたまり、洗顔後に化粧水や美容液をつけたとしても、なかなか肌の奥まで浸透しにくくなってしまうんです。

さらに肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌されてしまうインナードライになるという流れに。

改善するには細胞間脂質を補うような十分な保湿が必要です。

肌内側の乾燥を改善させるためにも、十分な保湿を心がけましょう。

無料相談受付中♪

このブログではお肌のお悩みの無料相談を受け付けています。

⇒美香に無料相談してみる

いろいろな商品を試してきた私が

これぞ!とおすすめする商品をこちらでご紹介いたします。

 

お気軽にどうぞ♪