美肌コラム

しわやシミに効果的なレチノール|副作用も詳しく説明

エイジング美容アドバイザーの美香です。

シミやしわ対策におなじみの成分レチノール。

シミやしわのケアをしている方は一度は耳にしたことがある成分なのではないでしょうか。

実は、レチノールはシミやしわだけでなく様々なエンジングケアに使える優秀な成分なんです。

レチノールを詳しく知ると、使わないともったいない!と思ってしまうことばかり♪

アンチエイジングの攻めにも守りにもなるレチノール、詳しく見ていきましょう♪

そもそもレチノールって何?

レチノールはビタミンAの一種です。

もともと人間の体の中にある成分なんです。

ビタミンAが多く含まれている食品といえば、レバーうなぎが有名ですよね。

また、にんじんやカボチャ、ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれているβカロチンは、体内に吸収されるとビタミンAに変化します。

βカロチンのように体内でビタミンAに代わるものはプロビタミンAと呼ばれています。

シミ改善の味方♪3つのビタミンとシミの関係性エイジング美容アドバイザーの美香です♪ シミにはビタミンが効く! ってよく聞きますよね。 皮膚科に相談に行ってもビタミ...

ビタミンAのざまざまな働き

ビタミンAは美と健康に欠かせないビタミンです。

粘膜や皮膚の健康を維持し、ドライアイ視力低下などの目のトラブルにも効果的。

また、ビタミンAが体内で不足すると抵抗力が弱まることから、体の免疫を守るうえでも欠かせない栄養素です。

さまざまな効果があるビタミンAですが、

ビタミンCと違って貯蓄することができるビタミンなんです。

だからといって、たくさんビタミンAを摂ったとしてもお肌に届くまでには時間がかかります。

体のあちこちに運ばれ消費されてしまうので、摂ったビタミンAの全てがお肌に届くわけではありません。

お肌にアプローチするには、直接塗ってダイレクトにビタミンAのパワーを届けることが有効です。

レチノール配合の化粧品でケアしよう

もともとはお肌を健やかに保ち、保湿機能を高める働きを期待されて化粧品に配合されていたレチノール。

最近では、それだけにとどまらず、さまざまな効果があることがわかってきました。

ターンオーバーを促進させメラニンを取り除く効果

ビタミンAにはターンオーバーを促進せる効果があります。

ターンオーバーを促進させることで、シミになっている溜まったメラニンを排出させることが期待できます。

ターンオーバー=肌代謝ですから、年齢とともに衰えた代謝を正常化させ透明感のある肌に導いてくれます。

 

シミやくすみのないお肌をキープするには、役割を終えたメラニンをスムーズに排出させることが重要です。

メラニンはターンオーバーでしか排出することができませんから、ビタミンAはしみ、くすみケアにコミットしてくれます。

 

シミの再発を防ぎ、できにくくする効果

ビタミンAは、傷ついたメラノサイトを補修して、多量のメラニン生成を抑える働きをします。

紫外線や大気汚染などの外部刺激でメラノサイトが傷ついてしまうと、暴走しはじめ、メラニン色素を作り作り続けてしまいます。

ビタミンAは傷ついたメラノサイトを修復し、正常化することでシミを元からできにくくしているんですね。

紫外線防止剤としての効果

お肌にビタミンAを貯蓄しておくと、紫外線を吸収してくれます。

紫外線防止剤の働きでお肌をバリアし、シミ、くすみ、乾燥、コラーゲン破壊などのダメージを受けにくくしてくれます。

ヒアルロン酸を増やして保湿効果を高める

レチノールは表皮のヒアルロン酸を増やす働きをもちます。

ヒアルロン酸が増えると、肌の保水力が高まり、バリア機能を高めることができます。

お肌の乾燥やかさつき改善が期待できますよ。

真皮の線維芽細胞を活性化させる効果

レチノールは、真皮層にある線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンの生成を促進させる働きがあります。

コラーゲンはお肌の土台になる成分。

コラーゲンが増えることでシワやたるみ、肌色毛穴などのトラブル改善が期待できます。

皮脂の分泌をコントロールする効果

レチノールは、皮脂の分泌をコントロールする働きもあります。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴のトラブルに発生することがあります。

ビタミンAは毛穴トラブル解消にも役立ちますね♪

このようにみてみると、ビタミンAは、シミ、しわ、くすみ、たるみなどオールマイティーにアンチエイジングに効果が期待できることがわかりますよね♪ 

レチノールの副作用って?

レチノールには副作用があります。

この副作用はビタミンAが不足しているお肌に起こりやすいトラブルです。

ビタミンAが少ない=肌代謝がゆるやかなお肌に、急に多くのレチノールを補給したときに起こる反応 で、レチノイド反応(A反応)と呼ばれています。

このレチノイド反応は一時的なもので、肌の新陳代謝が急に促進され、乾燥感、赤み、かゆみ、皮むけなどが起きることが多いです。

レチノイド反応は毒性反応やアレルギー反応ではありませんので、皮膚がビタミンAに慣れてくると自然におさまっていくことが多いです。

「レチノイド反応が出るようなビタミンAの足りていないお肌にこそレチノールが必要」とする医師もいるほどです。

使い初めにレチノイド反応が出るとびっくりしてしまいますが、お肌にビタミンAが充填されていくと徐々ににおさまり、お肌の状態も良くなっていきますよ。

ただし、反応がひどいときは注意が必要。

レチノイド反応ではなく、他のことが原因の場合もありますので、ひどい場合は使用を中止しましょう。

長引いたときは早めにビタミンAに詳しい医師に相談してくださいね。

レチノイド反応が気になる方は、お肌の調子に合わせて少しずつ様子を見ながら使用するといいですよ。

レチノールは種類で効果に違いがある!

レチノールにはいくつかの種類があります。

  • パルミチン酸レチノール ビタミンA誘導体
  • 酢酸レチノール     ビタミンA誘導体
  • レチノール       純粋レチノール
  • レチノイン酸(トレチノイン) 医薬品 病院処方

どれも作用はほぼ同じですが、副作用の強さ浸透性即効性に違いがあります

油やアルコールに溶けやすい性質をもっているので、クリーム美容液などに配合されていることが多いです。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう

純粋レチノール(ピュアレチノール)

純粋レチノール(ピュアレチノール)は、ビタミンAの作用がダイレクトにお肌に届きやすい特徴をもっています。

お肌への浸透性がよく、即効性に優れているのですが、刺激が強いです。

ビタミンA融合体

パルミチン酸レチノール酢酸レチノールが有名です。

純粋レチノールは刺激が強く、不安定な成分のため、改良されたのがビタミンA融合体です。

ビタミンA融合体は、安定性が高く低刺激で使いやすいので、初めてレチノールをトライする方に向いています。

パルミチン酸は紫外線防止剤の働きをもているので、紫外線から肌を守る働きもしてくれます。

レチノイン酸(トレチノイン)

レチノイン酸はレチノールの中でも別格の効き目を持ち、副作用も強く出ることが多いです。

そのため、医薬品で、病院処方でしか手に入れることはできません。

刺激の弱いものから強力なものまであり、皮膚科の治療では、弱いものから徐々に強度を上げていくことが多いようです。

また、レチノイン酸には紫外線から肌を守る働きはないので、日焼け止めが必須です。

はやく肌トラブルを改善したい!という方は皮膚科でレチノイン酸を処方してもらうことが多いです。

レチノイン酸が配合されたハイブリッドタイプ

効果が強く、副作用も起きるため、病院処方しか使われることがなかったレチノイン酸。

そのレチノイン酸の効果をそのままに、刺激を少なく、使いやすく安全性を高めたのがハイブリッドタイプのレチノイン酸トコフェリルです。

レチノイン酸とトコフェロール(ビタミンE)を結合して開発されました。

特にコラーゲンの生成に期待できる成分で、ビタミンC誘導体とコンビで使うことで相乗効果が期待できます♪

レチノール配合の化粧品選びと使い方

さまざまなタイプのあるレチノール。

肌に良いということはわかっいても、種類がありすぎて、どれを選んだらいいかわからなくなってまいますよね。

使いやすいおススメのレチノールはどれなのでしょうか?

レチノールが初めての方はパルチミン酸レチノールを

レチノールを初めて使う方は、パルチミン酸レチノールが配合された化粧品がおススメです。

数あるレチノールの中でも低刺激で安定しているのがパルチミン酸レチノールです。

作用もやさしいので安心して使い始めることができますよ。

紫外線対策をしっかりしよう

レチノールを使い始めると、ターンオーバーが活性化されるため、角質層が薄くなりやすくなります。

未熟なお肌が最上部に露出することになるので、紫外線のダメージを受けやすくなった状態です。

お肌を紫外線などの外部ダメージから守るためにも、レチノール配合の化粧品を使用しているときは紫外線対策をしっかりとしましょう。

お肌が敏感なときのレチノール使用は控えて

化粧品や医薬部外品に配合されているレチノールは、安定性も高く刺激が少ないものが使われています。

ただし、お肌が敏感なときは刺激が少ないといっても、刺激を受けているのにかわりないので注意が必要になります。

特に使い始めはお肌が落ち着いているときにしましょう

まとめ

美と健康に欠かせないビタミンA。

そのビタミンAをダイレクトにお肌に届けてくれるのがレチノールです。

お肌を守り、さまざまなトラブルを根本から改善する成分としてとても優秀。

レチノール中でも低刺激で安定しているのがパルミチン酸レチノール。

初めて使う方はこのパルミチン酸レチノールが配合されたものをチョイスするのがおススメです♪

無料相談受付中♪

このブログではお肌のお悩みの無料相談を受け付けています。

⇒美香に無料相談してみる

 

いろいろな商品を試してきた私が

これぞ!とおすすめする商品をこちらでご紹介いたします。

 

お気軽にどうぞ♪