美肌コラム

気になるシミを消したい!自宅にいながらケアする方法

エイジング美容アドバイザーの美香です。

お顔に浮き出てくるシミ。

一刻も早く消したい!!ですよね。

シミができるのって本当に突然。気づいたときにはもう遅いのでしょうか?!

そんなことはありません!おうちにいながらでもシミをケアすることはできるんです

今回は、できてしまったシミを自宅で薄くする、消す方法についてご紹介いたします。

自宅でも消せるシミってあるんです♪

「レーザーするのはまだいいいかな」

なんていう方にとてもおススメなケア方法ですよ♪

お一人お一人の肌質や、消したいシミのでき具合によって個人差は出てきますが、アプローチ次第でかなり効果がありますよ。

何より手軽で費用もあまりかからないのが嬉しいところ。

今回ご紹介するケアを知っていれば、毎日のお手入れに取り入れることで、シミをできにくくすることもできますよ♪

病院にいってレーザーで取る!といった短期間でできることではなく、時間はかかるのですが、ライフスタイルに取り入れて習慣化することで、お肌を改善、そしてキレイなお肌を持続させることができます♪

鏡を見つめてため息ついているだけでは消せませんよ!

それではいってみましょう~

Let’t try!

シミができる原因を知って自宅でケアしよう

そもそも、どうしてシミはできてしまうのでしょうか?

その一番の原因は紫外線。

人の肌は、紫外線を浴びると、そのダメージから細胞を守るためにメラニンが生成されます。

メラニンは紫外線のダメージから肌を守ってくれる、本来は肌の味方のような存在なんです。

強い紫外線を浴び続けると、肌を守るために「メラノサイト」によってメラニン色素が作られ、皮膚が色づきます。

真皮のコラーゲンが傷つかないように、黒い皮膚を作り紫外線をシャットアウトしてくれているんです。

メラニンがなければ、紫外線の直撃を食らって、ボロボロの肌になってしまうということですね。

子供のころは日に焼けて黒くなっても、日がたつにつれキレイな肌に戻りましたよね。

どうして元の肌の色に戻らなくなってしまったのでしょうか?

シミはお肌にメラニン色素がたまったままの状態。

ターンオーバーが正常に働いていれば出て行ってくれるメラニンがずっと残ってしまっている……

つまり、肌代謝が衰えているということなんです。

ここでピンときたあなた、スルドイです!

そうです!ポイントは肌代謝なんです♪

この肌代謝を活性化すれば、肌は自然とキレイになっていくという仕組になっています。

シミを改善、できないように予防したいなら肌代謝を活性化させることが大切なんですね。

 

自宅で消せるシミはどれ?種類を見極めよう!

シミにはいくつか種類がありますが、できた経緯や原因でそれぞれ特徴があります。

そして、セルフケアで消せるシミと消せないシミに分かれます。

まずは、あなたのシミが消せるシミか消せないしみなのかセルフチェックしてみましょう。

老人性色素班

老人性色素班はいわゆる一般的なシミのことをさします。

老人性なんて聞くと気がめいりますが、肌代謝の衰えによってできるので、老人性なのでしょうね……

老人性色素班は、長年の日焼けによってできたメラニン色素入りの細胞が肌にへばりついたままになっている状態です。

こちらのシミは濃くならないうちなら消すことができます。

初めはくすみのようなぼんやりとしたものですが、じょじょに輪郭がはっきりとしてきて色も濃くなってきます。

できてしまったら速攻勝負に出ましょう。

スピードが大事です

肝斑(かんぱん)

両ほほに左右対称に現れ、ぼんやりとした楕円形のシミです。

左右対称に広範囲に広がるため、女性の受けるダメージも大きいと言われています。

女性ホルモンによる影響や、皮膚への摩擦によるもの、合わない化粧品が原因と言われています。

肝斑は自宅で対策することができるシミです。

美容成分が効きやすく、特に内服薬が有効です。

皮膚科では トラネキサム酸 が処方されることが多いです。 市販でも トラネキサム酸 入りのお薬が販売されていますよ。

お肌の刺激に影響される肝斑はレーザー治療などで悪化することがあるので、種類の違うシミが併発されている方は注意が必要です。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、大人にきび、湿疹、虫さされ、傷などの炎症によって刺激を受け、メラニンを過剰生成して起こるシミのことです。

洗顔などで強くこすったり、刺激の強い化粧品を長く使用し続けるなどによっても引き起こされることがあります。

炎症によるため初めは赤く、徐々に茶色くなり、そのまま残ってしまうという経過をたどることが多いシミです。

にきびや傷などで炎症が起きてしまったら、紫外線対策をしっかりしましょう。

ターンオーバーがしっかりとできていれば、シミの原因、メラニンが排出され、だんだんと薄くなっていきます。

自宅で消せないシミはこちらの3つ

そばかす、脂漏性角化症、花弁状色素班、こちらの3つのタイプのシミはセルフケアでの改善は難しいといわれています。

改善するには、美容医療のレーザー治療が効果的です。

ターンオーバーの仕組みを知って自宅でシミケアしよう

古い皮膚が排出されて、新しい肌に生まれ変わっていくのがターンオーバーです。

新陳代謝ともいいますね。

最終的に皮膚は垢となって洗い流されるわけですが、ターンオーバーが乱れると、肌の表面に古い角質がいつまでも残ったままになってしまいます。

肌のターンオーバーがきちんとできていれば、メラニン色素を含む細胞も最終的にははがれ落ちていくはずなのです。

乱れてしまうとメラニン色素が排出できなくなり、シミとなってしまったり、シミがさらに濃くなってしまう原因にもなってしまいます。

ターンオーバーが追いつかなくなるとメラニン色素が溜まってしまう

よくターンオーバーの周期は28日前後と聞きますが、これって20代の基準なんです。

肌代謝の衰えにより、ターンオーバーの期間は年齢とともに長くなっていきます。

周期はだいたい「自分の年齢×1.5(~2.0)」と言われています。

周期が遅くなっても、最終的にメラニン色素を含んだ皮膚が垢となって落ちてくれればいいのですが……。

様々な原因でターンオーバーは乱れてしまうんです。

偏った食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れ、運動不足、間違ったスキンケア、ストレス、喫煙などなど。

その影響はさまざまです。

ターンオーバーが乱れると、肌の生まれ変わりができにくくなり、角質が分厚くたまってしまうのです。

古い角質は細胞自体が死んでしまっているため、潤いがなくくすんでいます。さらに、メラニンを含んでいるとシミになってしまいます。

ターンオーバーを促進させれば自宅でもシミを薄くできる

子供のころは自然とできていたターンオーバーですが、年齢とともに代謝が落ち、肌表面に角質がたまったままに……

逆に考えると、ターンオーバーの期間が長くなっても正常に働いてくれれば、シミやくすみはキレイな肌と入れ替わっていくはずですよね。

そう、美肌の味方はターンオーバーがきちんとできる肌にしていくこと。

このターンオーバー、肌代謝をよくすることでシミだけではなくシワ、たるみ、はりなどおはだのさまざまなトラブルを改善していくことができるんです。

基本的なシミ改善の流れはこんな感じです

シミ改善の流れ

  1. 古い角質を取り除く
  2. 新陳代謝を促してターンオーバーをスムーズに
  3. UV対策&美白化粧品で メラニンを作らせない!
  4. よく食べ、よく寝る!

それでは具体的にどのようにすればいいか見ていきましょう♪

古い角質を排出してターンオーバーをスムーズに♪

メラニンを含む角質を取り去ると、垢抜けたお肌になり透明感を呼び覚ますことができます。

角質除去は、ターンオーバーのリズムを整え、メラニン排出をサポートしてくれます。

古い角質をはがすには、ピーリングがおススメです。

自宅で手軽にできる方法として、米ぬか洗顔があります。

お米のとぎ汁を取っておいて、洗顔をした後にとぎ汁でお肌を撫でるように洗い流していだけの簡単な方法です。

米ぬか洗顔は、刺激がすくないので毎日でもすることができますよ。

しっかり角質を落としたい方は、市販のピーリング剤を使用するのもよいでしょう。

低刺激でもしっかりと角質をはがしてくれるものがありますよ!

期間を決めて定期的に行うと有効的です。

ピーリング剤は見極めが大切。お肌に合わないと赤くなったりひりひりしたりと大変なことになってしまうので注意してくださいね。

新陳代謝促進!シミを元から作らせない

「皮膚は内臓の鏡」

とも言われますが、角質がたまった肌は新陳代謝がにぶっている証拠ともいえるかもしれませんね。

古い角質を取り除いた肌は、分厚い角質があったときよりはターンオーバーしやすくなっています。

それでも残っているシミは、肌細胞の入れ替わりをして追い出さなければ消えません。

肌代謝を活性化させて、キレイなお肌に生まれ変わりましょう♪

マッサージで血行促進

マッサージすることで血流が良くなり、肌代謝が活性化します。

シミだけでなく他の肌トラブルに効果的ですので、ぜひ毎日のケアに取り入れていただきたいです。

人の皮脂に近い自然なオイルである馬油や数種類のビタミン、アミノ酸、ミネラルを含むホホバオイルなどを使うととても効果的ですよ。

アルガンオイル、ココナツオイルなどのキャリアオイルも人気が高いです。

ビタミン類は肌代謝を高め、血流をよくします。

シミ、しわ、たるみ、メラニン色素の生成と排出のバランスを整えてくれます。

リンパの流れにそってマッサージすることで、効果を高めることができますよ。

ただし、強いマッサージはNGです。

ゴシゴシこすってしまうと、摩擦がおこり皮膚が反応してメラニンが増えてしまい、シミができてしまうおそれがあります。

マッサージはやさしいタッチでするようにしてくださいね♪

適度な運動で新陳代謝を活発に

定期的な運動は新陳代謝を活発にさせます。

運動すると、血流が促進し、酸素や栄養を体のすみずみにまでいきわたらせることができます。

さらに、汗をかくことでデットックス効果と、肌バリアを強化させることができます。

また、運動は適度な疲れと、体温上昇によって深い眠りに導いてくれます。

具体的にはウォーキングなどの有酸素運動、成長ホルモンが分泌される筋トレ、筋肉をほぐし酸素を体中にめぐらせることのできるストレッチやヨガなどがおススメです。

過度な運動は活性酸素を増やしてしまうのでおススメしません。

日焼け対策&美白化粧品で日ごろのケアを

シミ対策は、UVケア角質ケア保湿が要になります。

1年中降り続ける紫外線ですから、1年365日ケアを続けていくことが理想的。

お化粧前に日焼け止めを塗ることはもちろん、毎日使う化粧品に美白成分が配合されているものを使用すると、続けやすいのでおススメです。

特に美白美容液は最も美白成分が配合されていますので、ラインナップで揃えられない場合は美容液をチョイスしましょう。

保湿も大切で、角質が十分に潤うとキメが整い、それだけで透明感が高まります。

肌が乾燥すると、紫外線のダメージを受けやすなってしまうので、水分と油分でキチンと肌を潤してくださいね。

 

早く消したい!という方はハイドロキノン配合のクリームを

「シミをケアできることはわかったけど、一刻も早く消したい!!」

と言う方は、

ハイドロキノン配合の化粧品がおすすめです。

ハイドロキノンは、漂白剤という異名をもつすごい成分。

メラニンを還元するパワーを持ち、今できているシミを薄くする力があります。

メラニン排出するためのターンオーバーのバランスが崩れると、メラニンが凝集してくしみやシミになってしまいます。

メラニンは酸化していくと、どんどん茶褐色に変化していきますが、ハイドロキノンはこの色が濃くなったメラニンを薄くする力があります。

メラニン還元作用はビタミンCも有名ですが、ハイドロキノンの方がパワフル。

さらに、メラニンの元を抑制する働きもあり、シミを予防する効果とできてしまったシミを薄くするというダブルの効果がある成分なのです。

 

シミに効く食事をどんどん摂ろう♪

健康にとってバランスの良い食事を摂ることはとても大切ですが、それはシミにも効果があるんです。

特に色の濃い野菜やフルーツを積極的に摂ってください。美白効果のあるファイトケミカルで、シミやくすみの原因の一つである活性酸素を取り除いてくれます。

また、プラスアルファでビタミンCを摂ることをおススメします。

ビタミンCはできてしまったメラニン色素を無色化する働きがあるからです。

強い抗酸化作用で活性酸素を抑えたり、メラニン生成を抑制したりとシミ対策の強い見方なんです。

肝斑の方はホルモンの乱れからできている可能性もありますので、女性ホルモンに似た性質をもつ「イソフラボン」を含んだ食べ物を積極的に食べましょう。

 

睡眠不足は厳禁!お肌のゴールデンタイムを確実に

美肌に欠かせない睡眠。

ターンオーバーは成長ホルモンが分泌されると始まると言われています。

大人の成長ホルモンはアンチエイジングの強い見方です。

老化を少しでも抑えたいなら、成長ホルモンを分泌させましょう。

最近の研究では成長ホルモンが分泌される時間帯は、最初の深い睡眠に入った時から3時間といわれています。

はじめの3時間に良く眠れないと成長ホルモンの分泌が減ってしまうそうです。

良質な眠りをとるためにも、睡眠前は照明を暗めにしたり、極力パソコンやスマートフォンなどの強い光を浴びないようにしたり注意しましょうね。

眠る前はリラックスして過ごしてください♪

まとめ

長年の紫外線による蓄積からできたシミでも、自宅のケアで消したり薄くすることができます。

継続性が大切で慣れないうちは大変かもしれませんが、習慣化すればだんだんと慣れてきますよ。

やらないと気持ち悪い!という感覚になったらしめたものです。

お肌によい生活習慣を身に着けたことになりますよ♪

ぜひライフスタイルに取り入れて、美肌を手に入れてくださいね!

無料相談受付中♪

このブログではお肌のお悩みの無料相談を受け付けています。

⇒美香に無料相談してみる

 

いろいろな商品を試してきた私が

これぞ!とおすすめする商品をこちらでご紹介いたします。

 

お気軽にどうぞ♪