エイジング美容アドバイザーの美香です♪

シミにはビタミンが効く!

ってよく聞きますよね。

皮膚科に相談に行ってもビタミンCやビタミンC誘導体の化粧水を処方されたりします。

タイトル

外側からのお手入れも大切ですが、
体を作り上げていくのは間違いなく食事。

mika point

だから、スキンケアだけでは不十分になってしまうのですね。

インナーケアとスキンケアを併せて、両方からアプローチすることで美肌へと近づくことができます。

ビタミン果実

シミしわのないつや肌に必要なのが3種類のビタミン。

とってもおススメの栄養成分で、肌だけじゃなく健康を保つのにも効果的なんです。

point2

それではシミしわのない美肌に欠かせないビタミンを詳しく見ていきましょう♪

シミを排出!ターンオーバーを促すビタミンA

古い肌細胞をはがし、新しいお肌に入れ替えるターンオーバー。

ターンオーバー

ターンオーバーがきちんと働いていれば、メラニン色素の入ったお肌もはがし落とすことができて、トラブルのない肌が続きます。

美肌に大切なターンオーバーを含んだ肌代謝を促してくれるのがビタミンAです。

mika point

シミが気になるあなたにおススメの、1番に取り入れたいビタミンです。

さらにビタミンAは肌だけではなく、ドライアイ、視力低下などの眼のトラブルなどにも効果的。

体の抵抗力をつけるために欠かせない栄養素でもあります。

point2

ビタミンAは貯蓄することができますので、小まめに補給することで健やかなお肌を保つことができるようになりますよ。

ビタミンAのシミへの効果って?

肌を明るくする効果がある

ビタミンAはメラニンを散らばせてターンオーバーを促し、メラニンを取り除く効果があります。

シミはメラニンが集まっている状態。

point2

メラニンを散らばせてくれることで、シミ化を防ぐわけです。

メラニンとターンオーバーの仕組み

さらに肌代謝を促進させる働きも持っていて、年齢を重ね、
代謝が衰えた肌のターンオーバーを正常化させ、メラニンを取り除いてくれます。

本来メラニンは肌を守るのに必要なもの。

役割が終わったメラニンをうまく排出させていくことがシミのない肌への近道です。

シミの再発を防ぎ、できにくくする。

ハイドロキノンなどでシミを白くしても、レーザーで取っても、メラノサイトが働き続けていたらシミはでき続けてしまいます。

mikakomaru

レーザーしてもまたシミが出てきた。

なんていう話も良く効きます。

シミに困った女性

取ってもまた出て、取ってもまた出て……と、いたちごっこがいつまでも続いてしまいます。

紫外線を浴びて傷ついたメラノサイトは、勝手にメラニンを作り続けてしまうんです。

mikakomaru

紫外線で傷ついたメラノサイトは暴走しちゃうんです。

必要ではないメラニンが作り続けられることになり、なかなかシミを排出できない肌になってしまいます。

そんなときこそビタミンA!

ビタミンAは、傷ついたメラノサイトを補修して、多量のメラニン生成をおさえてくれるんです。

さらに、シミが溜まってしまうケラチノサイトを正常化するのにも効果的。

point2

シミを元から断つ!シミ予防にぴったりの栄養素なのですね。

紫外線から肌を守ってくれる!

ビタミンAの中に含まれているパルミチン酸レチノールは、
紫外線防止剤としての働きを持っていてます。

mikauresii

紫外線から肌を守ってくれるんですね♪

ビタミンAを含むシミに効果的な食べ物は?

mikahatena

インナーケアしないといけないのはわかったけど、何を食べればいいの?

ビタミンAを含む食べ物は簡単に手に入るものばかり♪

肉類ではレバーに多く含まれています。
ウナギも含有量が多い食品です。

油を使って調理すると吸収率が良くなります。

レバニラ

point2

レバニラはとてもおススメ。

緑黄色野菜

野菜では、にんじんやかぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜がポイント。

緑黄色野菜に含まれるβカロチンは体内でビタミンAに変化するんです!

ぜひ毎日の食事に取り入れてビタミンAを補給してくださいね。

ビタミンA配合の化粧品でシミケアしよう♪

食事から摂ったビタミンAがお肌に届くまでには時間がかかります。

さらに、体のあちこちに運ばれますので、摂ったビタミンA全てがお肌に届くわけではないんです。

ビタミンAを食べて補給するのも大切ですが、
直接お肌に塗るスキンケアはもっと効果的。

スキンケア

mika point

着実に早くお肌にビタミンAを届けることができますよ♪

内側からと外側から、どちらからもうまくビタミンAを取り入れられるようになると、
お肌の新陳代謝が活性化して美肌に近づいていきます♪

シミの消しに役立つビタミンC

ビタミンCは美肌に欠かせない栄養素で有名ですよね。

シミ予防や日焼け予防に効果的なだけでなく、コラーゲンを作るのにも必要になため、若若さの秘訣である肌のハリにも密接な関係があるのです。

レモン

たくさんのサプリや化粧品が販売されていて、病院でも処方されていることからその効果は実証済み。

ビタミンCも内側と外側のケアができますので、ライフスタイルに取り入れてシミ対策すると効果的です。

ビタミンCのシミへの効果って?

シミの元になるメラニンの生成を抑えてくれる

紫外線を浴びると、生成されるメラニン色素。

シミの原因

お肌を守る傘のような役割があるこのメラニンですが、増えすぎるとシミ、そばかすの原因になってしまいます。

point2

メラノサイトの暴走を抑えてくれるのがビタミンCなんです。

ビタミンCはシミの元になるチナローゼという酵素の働きを抑えることができます。

元からメラニン色素をできなくしてくれるのですね。

メラニン色素を無色化させる

ビタミンCは黒色メラニンを白色メラニンに変える働きを持っています。

mikauresii

還元作用といって、シミを薄くすることができるんです。

予防にも、できてしまったシミにも効くということですね。

シミの原因の一つ活性酸素を取り除く!

ビタミンCは紫外線やストレスによって発生した活性酸素を取り除いてくれる働きも持っています。

そもそもなぜメラニンが発生するのかというと、
体内の活性酸素が引き金になっているのです。

mikakomaru

紫外線によるダメージに加えて、活性酸素による影響も大きいというわけです。

ぜんぜん外に出てないのにシミができてしまう……

という方は、活性酸素の影響を受けているのかもしれません。

疑問な女性

活性酸素は紫外線以外にも、ストレス、疲労、たばこ、アルコール、睡眠不足、栄養不足などによっても発生します。

これらの生活習慣を続けてしまうと活性酸素が作られ続けることで、メラニンが発生し、シミもできやすくなってしまいます。

ビタミンCはこの活性酸素を取り除いてくれるので、シミの原因を元からシャットアウトしてくれるのですね。

point2

抗酸化作用でシミ予防できちゃうというわけです♪

ビタミンCを多く含むシミに効果的な食べ物は?

ビタミンCは、体の中で作ることができません。

食べ物やサプリから取らなくてはいけないんですね。

ビタミンCを多く含む食べ物と言ったら、かんきつ系の果物が有名ですよね。

ビタミンCが多い食べ物

キャベツやケール、パプリカなどの野菜もビタミンCを多く含んでいます。

point2

緑黄色野菜や果物、イモ類を多めに食べると間違いありませんよ。

たくさん摂りすぎても体に蓄積されず、尿や汗になって排泄されるので安心です。

反対に、2,3時間で排出されてしまいますので、
小まめに摂取することが大切です。

ビタミンC融合体を塗ってシミに届けよう♪

やはりビタミンCも体のいろいろな所で必要とされるため、顔だけに届くわけではありません。

mikahatena

気になるお肌のトラブルにビタミンCを届けたいときは?

スキンケア

そんなときは、ビタミンC融合体を直接肌に塗る方法が効果的です。

肌に浸透しやすく改良されたビタミンC融合体は、肌への浸透率が良く、美肌効果が高いんです。

特にローションパックがおススメですよ。

サビない体の必需品!シミを作らせない体を作るビタミンE

ビタミンEはシミしわなどの年齢によるお悩みにとても効果的なビタミンです♪

mika point

ビタミンEの効果がどのようなものか詳しくみていきましょう。

アンチエイジングに欠かせない抗酸化力を持つ

ビタミンEは活性酸素を除去させる効果があります。

抗酸化力がとても強いビタミンなんです。

mikauresii

お肌が錆びる原因を取り除いてくれるのですね。

酸化を予防してくれるので、アンチエイジングビタミンとも呼ばれています。

女性ホルモンを調整してくれる

ビタミンEは老化を防止し、若々しい肌にはなくてはならない成分なのです。

若々しい女性

さらに女性ホルモンの働きを調整する働きを持っています。

肝斑などのシミはホルモンの影響を強く受けていると言われていますが、女性ホルモンを調整するビタミンEを摂取することで、改善を期待することができます。

血行促進!代謝アップ♪

また、ビタミンEには血行を促進する働きもあります。

血流がよくなると、酸素や栄養素を全身にいきわたらせることができます。

さらに、冷えや肩こり、頭痛、目の下のクマなどの血行不良からくる症状が緩和されます。

mikauresii

血流が良くなることで細胞の新陳代謝が活発になる!

つまり、代謝が上がることでターンオーバーも促され美肌効果が期待できるというわけなんです。

point2

細胞レベルでアンチエイジングできるビタミンE、効果的に摂りたいですよね。

ビタミンEとCは相性抜群♪一緒に摂れば効果持続!

ビタミンEはその役目を終えると無力化してしまいます。

ビタミンCと一緒に

力尽きたビタミンEを元に戻してくれるのがビタミンC。

mikauresii

ビタミンEだけ摂取するより、ビタミCも一緒に摂ったほうが、より効果が上がります。

ビタミンEを含むシミに効果的な食べ物って?

アーモンド

アーモンドはビタミンEを多く含む食品として有名です。

mikauresii

特に体内への吸収力の高いアーモンドミルクがおススメですよ♪

他のナッツ類ではヘーゼルナッツ、ピーナッツに多く含まれています。

野菜類ですと、モロヘイヤ、アボカド、カボチャ、赤ピーマンも多いです。

うなぎ

mikauresii

うなぎはビタミンEもAも多く含まれているので、シミが気になる方にぴったりの食べ物といえますね。

ビタミンEを含む食品は数多くありますが、サプリで摂取してもOK。

サプリの場合は用量を守って飲んでくださいね。

まとめ

シミ改善が期待できるビタミンA、C、E。

mika point

美肌に欠かせない成分だということがわかりました♪

インナーケアとスキンケアの二本立てでアプローチすることで、早い効果を期待することができます。

毎日のケアを欠かさずに、シミしわのないつや肌を目指しましょう!

無料相談受付中♪

このブログではお肌のお悩みの無料相談を受け付けています。

⇒美香に無料相談してみる

 

いろいろな商品を試してきた私が

これぞ!とおすすめする商品をこちらでご紹介いたします。

 

お気軽にどうぞ♪